アメリカ代表の分析(ダフィー投手編)

今回はWBC2017年にはアメリカ代表として参加しているダニー・ダフィー投手(以下ダフィー投手)について分析します。先発投手としてはメジャー屈指の速球派であるダフィー投手の投球術を探っていきたいと思います。

ダフィー投手のプロフィール

アメリカ合衆国カリフォルニア州ゴリータ出身のメジャーリーガー。左投げの先発投手です。現在はMLBのカンザスシティ・ロイヤルズに所属しています。WBC2017年でも先発を任されるなど、中心投手としてアメリカ代表の躍進に貢献しています。

投球結果の割合(空振り割合、ゴロ割合等)

典型的なフライボールピッチャー!

【表1】をみると、ダフィー投手の2つの特徴を読み取ることが出来ます。1つ目の特徴は空振り割合の高さです。空振り割合は、すべての球種でメジャーリーグ平均を大きく越えています。

2つ目はフライ割合の高さで、すべての球種でメジャーリーグ平均を越えています。ゴロ割合が低く、いわゆるフライボールピッチャーであることがみてとれます。

表1 各球種のスイング割合、空振り割合と打球の種類
球種スイング割合
(Sw Rate)
空振り割合
(Whf/Sw)
ゴロ割合
(GB/BIP)
ライナー割合
(LD/BIP)
フライ割合
(FB/BIP)
4シーム54%
(46%)
23%
(19%)
31%
(36%)
25%
(28%)
37%
(27%)
2シーム50%
(44%)
16%
(13%)
29%
(56%)
25%
(24%)
36%
(16%)
チェンジアップ52%
(54%)
38%
(33%)
47%
(50%)
18%
(24%)
29%
(20%)
カーブ45%
(40%)
37%
(32%)
47%
(51%)
23%
(24%)
24%
(20%)

カッコ内はMLB平均

球種毎の投球割合と球速差

速球中心の投球でねじ伏せる

【表2、3】を見ると、すべての球種の平均球速がメジャーリーグ平均を上回っています。球速の速さはダフィー投手の武器であり、高い空振り割合に繋がっているといえます。また、投球割合は対右打者と対左打者で大きく異なっています。

■対右打者
4シームが中心となっていますが、2シーム、チェンジアップ、カーブをバランスよく投球しています。

■対左打者
4シームが6割を占めています。チェンジアップはほとんど投球されず、4シーム、2シーム、カーブを投球しています。

表2 対右打者における各球種の球速
球種平均速度(km/h)平均速度(%)最高速度(km/h)投球割合(%)
4シーム153
(149)
100
(100)
159
(154)
36
2シーム152
(149)
100
(100)
157
(153)
21
チェンジアップ137
(137)
90
(92)
150
(144)
20
カーブ134
(125)
88
(84)
141
(135)
23

カッコ内はMLB平均

表3 対左打者における各球種の球速
球種平均速度(km/h)平均速度(%)最高速度(km/h)投球割合(%)
4シーム153
(149)
100
(100)
159
(154)
60
2シーム152
(149)
100
(100)
155
(153)
13
チェンジアップ139
(137)
91
(92)
148
(144)
3
カーブ135
(125)
89
(84)
157
(135)
24

カッコ内はMLB平均

球種毎の変化量

最大の武器はボールの伸び!

ダフィー投手は高い空振り割合とフライボールピッチャーであることを述べましたが、この理由はボールの変化量で説明できます。すべての球種で、ホップ成分がメジャーリーグ平均を上回っています。球種ごとにみていきましょう。【図1、2】【表4、5】

図1 対右打者へのボールの変化量
図2 対左打者へのボールの変化量
4シーム

メジャーリーグ平均と比べて、ホップ成分が11cmも大きくなっています。ホップ成分が大きいボールは、打者が思っている軌道よりも、上に到達するボールです。
ですから、ボールがバットの上を通過してしまうことで、空振りになってしまいます。
また、ボールにバットが当たったとしても、バットの上っ面にボールが衝突することになり、フライになってしまいます。

2シーム

ホップ成分は非常に大きく、メジャーリーグ平均の4シームよりも伸びているボールであることがわかります。

チェンジアップ

シュートが強いボールといえます。メジャーリーグ平均と比べて横の変化が大きく、縦の変化は小さいボールです。

カーブ

変化が小さなボールです。球速が速く、打者からみると小さく鋭く曲がるように感じるボールです。

表4 対右打者における各球種のスピンレートとボールの変化量
球種スピンレート(rpm)縦の変化量(cm)横の変化量(cm)
4シーム2204
(2253)
56
(45)
-23
(-23)
2シーム2166
(2159)
47
(34)
-37
(-38)
チェンジアップ2495
(1787)
39
(26)
-45
(-34)
カーブ1704
(2413)
3
(-15)
9
(17)

カッコ内はMLB平均

表5 対左打者における各球種のスピンレートとボールの変化量
球種スピンレート(rpm)縦の変化量(cm)横の変化量(cm)
4シーム2214
(2253)
58
(45)
-21
(-23)
2シーム2219
(2259)
49
(34)
-37
(-38)
チェンジアップ2523
(1787)
43
(26)
-43
(-34)
カーブ1626
(2413)
2
(-15)
8
(17)

カッコ内はMLB平均

球種毎のリリースポイント

リリース位置をみると、高さはメジャー平均とほぼ同様です。しかしエクステンションが長く、ダフィー投手の武器である4シームは、打者がスピードを感じるボールかもしれません。【表6、7】

表6 対右打者における各球種のリリース位置
球種リリース高(cm)リリース横(cm)エクステンション(cm)
4シーム177
(180)
-51
(-50)
206
(188)
2シーム176
(178)
-53
(-54)
206
(187)
チェンジアップ177
(179)
-53
(-54)
208
(188)
カーブ178
(187)
-59
(-53)
193
(173)

カッコ内はMLB平均

表7 対左打者における各球種のリリース位置
球種リリース高(cm)リリース横(cm)エクステンション(cm)
4シーム177
(180)
-50
(-50)
205
(188)
2シーム176
(178)
-49
(-54)
206
(187)
チェンジアップ176
(179)
-50
(-54)
210
(188)
カーブ177
(187)
-56
(-53)
191
(173)

カッコ内はMLB平均

球種毎のカウントとゾーンからみた特徴

続いてカウント別とゾーン別の投球割合を球種ごとにみていきます。

 

4シーム

ゾーンはややばらついていますが、特に右打者の場合、高めに投球するボールが多くなっています。【図3】 
ホップ成分の大きいボールを高めに投げることによって、打者はより浮き上がってくるように感じるボールになります。
また、ボールが先行したカウントでは4シームの割合が高くなる傾向があります。
特に対左打者の場合は顕著でカウント3-0、3-1の場合は100%の割合で投球しています。【表8、9】

表8 対右打者へのカウント別投球割合
表9 対左打者へのカウント別投球割合
表10 対右打者へのカウント別球速
表11 対左打者へのカウント別球速
図3 対左打者へのボールの投球割合
図4 対右打者へのボールの投球割合
2シーム

右打者には早いカウントでの投球が中心で、カウントを整えるボールとして使っています。【表12】
また、右打者はアウトコースに、左打者は全体的に高め中心に投球されています。【図6、7】

表12 対右打者へのカウント別投球割合
表13 対左打者へのカウント別投球割合
表14 対右打者へのカウント別球速
表15 対左打者へのカウント別球速
図5 対左打者へのボールの投球割合
図6 対左打者へのボールの投球割合
チェンジアップ

右打者に多く投球しています。また、ボールが先行したカウントではほとんど投球されません。投球されるゾーンはアウトコースが中心です。他の球種と比べてゾーンはまとまっています。【表16、図7】

表16 対右打者へのカウント別投球割合
表17 対左打者へのカウント別投球割合
表18 対右打者へのカウント別球速
表19 対左打者へのカウント別球速
図7 対左打者へのボールの投球割合
図8 対右打者へのボールの投球割合
カーブ

投手有利なカウントで投球していることがわかります【表20、21】。
また、低めを中心に投球されています。左打者に対しては徹底して外角に投球しています。【図9、10】

表20 対右打者へのカウント別投球割合
表21 対左打者へのカウント別投球割合
表22 対右打者へのカウント別球速
表23 対左打者へのカウント別球速
図9 対左打者へのボールの投球割合
図10 対右打者へのボールの投球割合

ダフィー投手への対策

球質を理解した上で狙いを絞ろう!

ダフィー投手の投球の最大の特徴は、ボールのホップ成分が非常に大きいことです。打者はボールに伸びを感じるため、無造作に打つと、空振りやフライアウトに繋がります。

しかし一方で、フライボールピッチャーは長打を狙えるチャンスでもあります。カウント別の投球割合をみると、打者有利なカウントでは4シーム、2シームを多く投球します。

思い切って速いボールに狙いを絞ることがダフィー投手攻略につながるのではないでしょうか。長打を狙いやすい高めの4シーム、2シームをフルスイングで打ち崩しましょう。

まとめ:ダフィー投手攻略法
4シームはボールの伸びには要注意!
左打者は打者有利のカウントで外寄りに来る4シームを逆らわずに打て!
右打者は高めに多く集まる4シームを長打に!
2シームはあまり落ちない狙い球。甘く入ったら迷わず振りぬけ!

※Baseballsavantリニューアルに伴い、一部データを更新しました(2017/6/22)

Baseball Geeks編集部

Featured Posts